時世視点
目まぐるしい世相の動きを、時世に合わせた視点で記録する。
プロフィール

HUBUKI

Author:HUBUKI
経済学部卒。株式投資暦30年。
定年退職後、現在会社役員゜。
趣味は電気店の散策。
購読新聞は日経新聞。
物事に関しては常に直球だけで考えるな
考えに柔軟性を持つことが身上



FC2 Blog Ranking
ランキング
↑ランキング参加しました。このブログにご賛同頂けましたらクリックお願いします。



月別アーカイブ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



広告

コマーシャル

コマーシャル



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア

かに

かに



フリーエリア

くろす

くろす



フリーエリア

アスタキサンチン

アスタキサンチンタイケンキ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

京都、宇治平等院旅情

小説 京都宇治平等院旅情

京都、宇治平等院旅情



素晴らしい巨人の斎藤二軍監督 早期に一軍監督に
巨人軍の斎藤二軍監督が脚光を浴びている。彼は現役時代素晴らしい成績を残している。独特のサイロスローからの浮き上がる球は重く手元で伸び安定感のある投球をしたことは今でも焼き付いている。この斎藤氏がこのたび野球殿堂入りをなし得た。当然の結果だと思うが、少しおとなしい感が彼を低評価になっていたのだろうが、しかし、実はそのことが素晴らしい人柄と人心の把握要素をとなったのであろう。非常に穏やかで信頼性のある人柄は選手が信頼を寄せ、心をつなげるその結果選手の個性を把握し選手が信頼をおいて活躍できることになっているのであろう。
特に育成を重視しない現在の監督とは雲電の差がある。例えば期待されそれなりの成績であるにも拘わらず、岡本選手を彼には打つか打たないかで決めるといって単純に数字だけで判断し育成のいの字も出さず切り捨てようとした。外人の助っ人ならいざ知らず、彼はれっきとした日本人であるしかるに打つか打たないかでは全く育成するという視点がない。打たなければ外人助っ人のごとく解雇でもするのだろうか。それとも原時代の選手では育成できないのだろうか、そんな育成しかできなければ契約ドラフト時に伝えるべきである。口先では期待するといいながらすぐに二軍に落としたのは打たねばとの言葉はまさに落とす、そのための布石ではないのか、彼の成長を期待するファンを裏切る事になる。
一方、斎藤氏はここ選手の成長を期待する育成がみられる。この斎藤監督と精神的に追い詰める手法を講じる現監督とはまさに考え方が大違いである。昨年は渡辺氏が現監督を擁護したために膨大な資金でトレード、これでは勝てぬほうが難しかろう。
しかし、このような事をして優勝してもなんの自慢にもならないだろう。
ファン・斎藤監督・・選手と一体になった優勝をみたい。そのためには是非とも斎藤氏に一軍監督をしてもらいたい。
必ず選手の心をつかみ一団となって巨人の総合力発揮に向かうであろう、なりよりも人間性で見ていても気持ちが良いのではないだろうか。それとも一二軍監督の入れ替えをしてはいかがか、二軍選手の努力という言葉と気持ちがわかるように

スポンサーサイト
巨人がCSシリーズ惨敗は。二塁手の格下げから始まる
巨人がCSシリーズ惨敗をした。惨敗の原因の一旦は外人選手の格下げ行為を発表し、二軍からあげるということから始まるこの行為が敗因のすべてを物語っている。
前々日に突然外人を二軍へそして二軍からは監督の後輩である山本と二軍で活躍中の岡本を珍しく引き上げた。私はこの招集は例のごとく監督のお得意のお気に入り選手を使うためのある種カモフラージュではと考えていたが、まさかそこまでは悪くはないだろうと若者の活躍に期待したのだが予想は的中した。
両者の明暗ははっきりとした後輩の山本は三試合とも出場、片や岡本は三戦こそベンチに入ったが全く出場の機会なし、ところが三試合出場した山本の成績は7打数ゼロ安打、しかし、使い続けた。その結果、中軸を除くバッターの安打は0、つまりこの一年間監督好きなような配置をした結果、全く打てないチームになってしまったのである。
橋本にして堂下にしても、いや脇谷にしても依然はもっとガッツがあり頑張りのある選手だったように思う。
今年の彼らは本当に打てない、なぜこのように変わってしまったのか、私は選手は監督を見て育つと思っている。
名監督の素に名選手があるのはこのためでもある。
そして、期待のかかる選手は引き上げず育成すらしない、今回のシリーズまさにこの付けが来た結果以外の何物でもない。
特に最後の招集はこのことを如実に物語っている。
いったいこの監督はなんだろうか、12球団で最悪の代打率このことが得点源を大きく引き下げ大黒柱の菅野の勝ち数を大きく減少させている。しかし、このことへの手を打たずにのうのうと一年間過ごしたのである。報知新聞ではその原因は二軍選手ふがいなさにあると記していたが、しかし、出場の機会を与えねば進歩もないではないか、出さずして、現実的には一度10打席のチャンスを与えたがその結果がだめだからと以後は私に言わせれば無視していたではないか、今回も無視強いる監督とは、このようなえこひいきをするならば
私は高橋が監督をする値打ちが全くないと思う。今後はアンチ巨人として相手チームを支援したい。そのことが早期監督の交代に結び付くからである。ファンあってのプロ野球を個人の独占としてはならない、今までの巨人史上にはこのような監督はなかった。一刻も早い退陣を望む

オリンピック強くなった日本人
オリンピック強くなった日本人 光る内村航平の演技
リオオリンピックでの日本の検討が光る。平均してまんべんなくすべての競技で健闘している。今までは特に何人かの選手が活躍するか否かで特定されていたのが今回はどうだろう。あらゆる競技で互角それ以上の健闘である。特に今は最低は銅メダル、いや、むしろ次回は金メダルを目指すとの意欲にあふれた声が多い、つまり、最低でも銅、の時代である。
今までのオリンピックでは考えられない状況である。
なぜ、日本人は急速に力をつけてきたのか、
1には体力の向上、その前提に食べ物の進歩がある。2、には競技スタートの低年齢化、3、研究熱心な合理的な探求心
が考えられよう。しかし、課題もある。サッカー・バレーのように、日本が強くなれば他国も研究してくる。その結果、またまた、勝てなくなる。今回の活躍は次回の課題でもある。
このことは、他のスポーツにその片鱗がみられてきた。

平から抜擢された社長の人事は

業績の低迷と評判のよろしくない繊維会社では起死回生の策として、思い切って社長人事
を行った。株主総会に提案されたのは専務でもなく、全くの平からの昇格であった。株主総会でも認められ彼は社長になった。彼は信頼してくれる仲間も多く、特に下請けに配置転換されたYさんとは仲が良くて飲み友達であった。従業員50名程度の会社であったが、入院中見舞いに来てくれた彼は、あまり仕事の成績は良くないが自分に慕ってくれたことが頭に残り早速自社に引き戻した。ライバルAさんは常に堅実で仕事もできることら頭があがらなかった。
また、前社長採用した若手にはあまり自分に近づかなかった経験があった。
特に、前社長が引き抜いてきた親戚のSにはあまり良い思いをもてなかった。
彼は人事を発表した。体調の思わしくないAと自分が採用しなかった連中には主なポストを与えなかった。その後、前社長が人事を多用したことを反省したとか言って、彼は人事の固定化をはかった。ただ、新人でも自分の後輩は特別抜擢をしようとかんがえた。
別で、できない、自分を慕ってくれたYさんをはじめ数を固定化するとの理由で、仕事はあまりできなくとも自分の周りに配置した。そのことによって、平時代の仲間意識が売れて、安心感と社長・社長と慕ってくれることで毎日が充実していた。
しかし、そんなことで社の業績が向上するはずはない。売り上げの低迷が続いた。
株主からはブーイングが出てきた。大株主の一人は自分が回って新社長を助けてくれるように取引先に頭を下げた。理解をしめした取引先は積極的に注を出してくれてなんとか危機をだっした。しかし、ひらからの抜擢にはこのように人事が極めて狭くなるという欠点がある。一度管理職を経験すれば社のために何をすれば見えてくる、しかし、社よりも自分の毎日なのだろう。つまり平の状態で役だけが上がった状態になるという典型的な欠点をさらけ出したのである。たとえ、一時的に業績が上がっても、取り巻きは我々は下がることはないと思うだろうし新人達、希望を失うこのような社長は早期に変えなければならないだろう。

巨人岡本フレッシュ球宴でMVP 一軍監督は苦々しくはないのか
巨人岡本選手が頑張っても一軍に上がれない、しかし、フレッシュ球宴でMVP これは偶然ではないだろう。それ相当の実力がなければ打てるものではない。私はなぜ岡本を一軍に上げないのかと記述してきたが、これだけの逸材一軍で鍛えなければならないだろう。しかし、新人監督は全く見向きもしないようである。今年の巨人は異常である。菅野が投げた時は全く点をとらない。一番・二番の打撃不振が点数のとれないチームを作り上げ、とくに菅野登板の時はこれが極端であった。一軍の寺内選手は一割の半分五分の打率であるがなぜか一軍に、監督の血縁者ではないかと思うのだが、藤村・中井も低打率なぜ彼らが一軍で頑張っているのか理解に苦しむ。多分岡本がフレッシュ球宴でMVP をとっても監督は喜んでいるのだろうかむしろ苦々しくおもってはいないだろうか。
一軍に上げる機運が高まるのをおそれているのではないか、つまりこのようなことは私の知る限りの巨人にはなかったことである。
ファンは今年の巨人の采配に戸惑っている。ファンあっての球団ということを知るべきである。
新人監督は意地のようなものは捨てて、今までの巨人のようにファンが快く応援できるチームに切り替えてもらいたい
二軍・三軍に素材のある選手を埋もれさせるような采配から脱却すべきである。努力し頑張っている選手は評価すべきである
それが上に立つ者の責務である。